こんばんは、グローブスタイルです。

Twitterで見かけたのですが、

スクリーンショット 2018-07-03 20.21.08

スクリーンショット 2018-07-03 20.21.59


スクリーンショット 2018-07-03 20.22.15

ゴム手袋って、多くの人にこういう印象が強くて敬遠されているんじゃないかなぁ、と思いました。

学校の共用の手袋=臭い、汚い、穴が空いている、っていうのは、グローブスタイルもそういう記憶とか印象が残っています。

学校とかの共用の手袋だと、長持ちさせようとするからか厚手や中厚手の裏毛がついた手袋を共用にすることが多くて、それでいろいろな人が、時には汚い素手のままはめて、汗ばんだまま放置されれば、次にはめる人は手が臭くなってもう手袋使うのイヤだ、ってなってしまうんじゃないでしょうか。その上、誰かが穴を開けてしまったのにそのままにしていたら、手袋に水が入って気持ちわるいし、さらにニオイもひどくなるし、何のためにゴム手袋しているんだか、わからなくなりますよね。

グローブスタイルも、小学校の掃除の時間にゴム手袋を使うことがあったんですが、共用のを使う気になれなくて、親にお願いして自分専用のものを買ってもらいました。他の人に使われたら共用と同じになるので、毎回使ったらキレイに洗って自分のロッカーにしまっていたんです。その時に買ってもらったマイ手袋は黄色いエステーの薄手手袋で、今売られている写真のものにとても近いです。その当時から「ファミリー」というシリーズ名だったように思います。

36528642_10217162428279140_4162035502683258880_n

数年前に、この手袋が発売された時は、とても懐かしくて。新品の時の匂いも、昔の記憶と同じでした。

こうしてマイ手袋にすると、手袋を外した手もニオわないし、安心で気持ちよく掃除ができるようになったんです。ほかの人が嫌がるような汚れ仕事でも手袋をはめていれば平気ですし、そうすれば先生に褒められたりして、ますますゴム手袋をはめて掃除をすることが好きになりました。それ以来、必ず自分専用のマイ手袋を用意するようになりましたし、自分専用なので、自分の手にあっていて、材質や厚みが一番合うものを探して選ぶようになりました。

手袋は、薄手なら100円くらい、中厚手なら200〜300円くらいでどこでも手に入るものですから、共用にしないで、自分のもの、マイ手袋を使ってみてください

そうすれば、ご紹介したTwitterで書かれているように手袋を使うことが「いいもんだな」って思っていただける方も増えると思うし、共用の手袋で不快な思いをしたことがトラウマになって、手袋なしで仕事をして手荒れを起こしたりしている方には、こんなに快適なものはない、と思っていただける方もいらっしゃるはず、と思います。

このブログでは、そんな快適なゴム手袋の使い方を少しづつお伝えしていきますので、ぜひ、食わず嫌いにならず、一度「フレッシュな手袋」の良さを実感して頂きたいと思います。

どうしても共用にするなら、丸洗いしてすぐに乾く、裏毛のないものをおすすめします。

では、今日もフレッシュな手袋で、ハッピー・グローブ・ライフを!