こんにちは、グローブスタイルです。

皆さんは、腕時計は使っていますか?

グローブスタイルも、長らくケータイの時計で済ませて腕時計をしていなかったんですが、最近、あの(?)Apple Watchというものを使い始めました。スマホがなくても、時計だけで電話できるのはちょっと便利だな、と思って。

でも、ゴム手袋をはめて仕事をしたりしていると、ウォッチのリューズ(「デジタルクラウン」というのが正式な呼び方だそうです)が手袋と当たって、時計の文字盤の表示が変わったりするくらいなら構わないんですが、そのつもりがないのに電話をこちらからかけてしまう、というトラブルが何度か。

どうしようかと、いろいろやってみて、解決方法を見つけました。


それは、デジタルクラウンを、肘の方(手のひらの方ではなく)に向けて腕に巻くこと


iPhoneのウォッチアプリを開いたら マイウォッチ → 一般 →ウォッチの向き の順にメニューを選ぶと、この画面が出てきます。


36035354_10217088372267786_6524151834834108416_n



ここで、右手と左手のどちらにウォッチをするか、と、デジタルクラウンが右向きか左向きか、を選べる画面になります。


そこで、

右手にウォッチをする人は、「右にDigital Crown」を、
左手にウォッチをする人は、「左にDigital Crown」を
選ぶだけです。


リューズの向きは、肘方向に設定することで手袋装着中の誤作動を防ぎやすくなるように思いますが、これはグローブスタイルの場合なので、みなさんご自身で試してみてくださいね。

では、今日もハッピー・グローブ・ライフを!