こんにちは、グローブスタイルです。

お話を聞いたり、SNSに書かれていることを読んだりすると、ゴム手袋をはめることに抵抗があったり、面倒くさいと思われる方が案外多いのかもしれない、と感じることが多いです。

一つには、以前ご紹介した、下ばきの手袋をはめるといった快適な使い方をご存知ないということも原因だとは思うのですが、もう一つ、手袋をはめて過ごすことに慣れていない、ということが大きいのかな、という気がします。

例えば、炊事で手荒れを防ぐために食器洗い機を買ったのに、食器洗い機に食器を入れる前の下洗いの時にゴム手袋をはめていないので手が荒れてしまったり掃除の途中でゴム手袋の脱ぎはめをして手が汚れたままでゴム手袋をはめてしまい、手袋の中が汚れた状態で使い続けて、手袋の中が臭くなってしまったり。

そんな方には、手袋をはめた手を素手と同じように使えるように練習していただくと良いと思います。


ゴム手袋も、素手と同じように使うためのものを用意しておけば、汚いということはありません。
下の図で言うと、「素手で出来ること」だけに使う手袋を用意します

170713GLOVESSTYLE
そして、①や②の仕事をする時には、それ専用の手袋にはめ変えるか、仕事の前後に手袋をよく洗い、必要な時には消毒するなどして使っていきます。

ちょっとしたことなら、①や②の仕事でも素手でやってしまう人が多いのではないかと思いますが、ゴム手袋をはめていれば、図のように素手よりもはるかに広い範囲のことをやれます手袋をはめることで自分の素手では出来ないことが可能になること、自分の能力が拡張されること、その楽しさ・面白さが、グローブスタイルが手袋を愛用している大きな理由かな、と考えていて、改めて思い当たりました。

そのために、手袋をはめて過ごす時間を増やして、なんでも手袋をしたまま出来るように練習されるとよ良いのでは、と思ったりします。例えば、紐や袋の口を手袋をはめたまま結べるようになると、いちいち手袋を外す必要がなくなります。そのためにもゴム手袋がぴったりと手指にフィットするもの、そのはめ方を工夫することは大切。また、ちょっとしたタイミングで手指のアルコール消毒ジェルを手袋をしたままで使うなどすると、手袋をしていることが気にならなくなってくると思います。

ただ、爪で何かを引っ掛けたりする役割だけは手袋をしていると出来ないので、何か道具を使って代用する必要はあります。

グローブスタイルも、そうやって手袋をはめたままで過ごす練習をしたので、今では手袋をはめたままで日常生活のほとんどのことができます。たまに素手の時に、ちょっとしたことで手をすりむいたりすると、手袋をはめていればこうならなかったのにな、と思ったりもします。

37167416_10217264636994294_6148824534146351104_n


手袋をはめて上手に使うだけで、素手よりもはるかに幅広いことができますし、安心快適に過ごすこともできますので、ぜひ、休日にでも、ゴム手袋で過ごす1日を作ってみてはいかがでしょうか。


素手と同じ感覚で手袋を使えるようになって、ハッピー・グローブ・ライフを。