こんにちは、グローブスタイルです。

梅雨に入って、蒸し暑い日もだんだん増えてきました。

暑くなると、手袋が蒸れてしまうので使いたくないという方、いらっしゃいませんか?
そんな方にオススメしたいのが、インナー(下ばき)用の手袋。綿やナイロンなどの布で作られているものです。

 いろいろな種類がありますが、グローブスタイルがオススメしたいのは、ズバリ、メッシュインナー手袋なんです。

メッシュなのでインナー手袋自体がぐっしょりとならず、ゴム手袋を外すとすぐにインナー手袋もサラッと乾いてくる感じ以前は綿のインナーを使っていたんですが、快適さが全然違います

そして、蒸れた袋の内側が臭わないようにするコツはズバリ、裏毛のないゴム手袋を使うこと。あのニオイは、湿ったままの裏毛が原因なんです。なので、いくらメッシュインナーを使っていても、裏毛のある手袋では、あのイヤなニオイは避けられません。

メッシュインナー手袋をはめた上に、裏毛なしのゴム手袋をはめれば、ゴム手袋は丸洗いしてもすぐに乾くし、メッシュインナーもさっと石けんなどで洗ってよく絞って干しておけば、すぐに乾いてしまいますから、いつでも快適なグーロブライフが。

裏毛ありの厚手の手袋をはめたい時には、裏毛なしの薄い手袋をした上にはめます。グローブスタイルは夏でもこうしていますが、やってみるといい感じなんです。これはまたそのうちコツをかきます。


ということで、グローブスタイルの夏には欠かせない(実は冬でも、一年を通して使っていますが)、そんなメッシュインナー手袋、 いくつかあるオススメのうちの一つが、これ。


img_0-2
 
なんでも頻繁にゴム手袋を脱ぎはめする歯医者さんが考えた商品ということだそうで、 実際に使ってみていますが、とても快適です。はめるとこんな感じです。

img_3

指先にちょっと縫い目のような部分がありますが、ゴム手袋をはめてしまうと気になりません。また、指先を切って使うこともできる、と買いてありますが、私は、切らずに使う方がゴム手袋の脱ぎはめがしやすいと感じました。薄手の医療用手袋をはめて作業するときなどは、指先を切って使うのもいいかもしれないですね。腕時計をしているならそれが隠れるくらいまでの長さがあります。

入っている枚数や送料もいろいろなので、比較してみてください。








もう一つのオススメは、こちら。EXEが手首まで十分隠れるくらいの長さがあるのに比べて、これは手首のところまでの短いタイプ。長袖を着ているときは、袖とちょうどかぶらないくらいになるので、こちらの方がいいかもしれないですね。こちらも使用感はよくて、EXEとともにグローブスタイルも愛用しています。



https://amzn.to/2ys2z8L





それでは、夏の暑い時期こそ、爽やかなハッピー・グローブ・ライフを!