ゴム手袋のある暮らし:グローブスタイル

毎日を快適に、そして自分も快適で美しく過ごしたい。そのために、ゴム手袋を上手に活用するためのヒントや情報をお伝えします。ゴム手袋の使い方って、誰も教えてくれないですよね。管理人がいろいろと試してきた各種の製品や使い方の方法を公開。グローブを日々の暮らしの相方にしてあげてください。

手の日焼けを防ぐために

こんばんは、グローブスタイルです。

今年は、ずいぶん早く梅雨明けした地方が多いですよね。こんなにまとまった雨が降らないうちに梅雨明けして、飲み水は確保できるのかな、大丈夫かな、って思ってしまいました。

ところで、夏の時期に気をつけたいのは、日焼け。顔や腕は気にする方も多いのですが、手の日焼け、気をつけていますか?若いうちは気にならなくても、年齢を重ねると、シミやシワとなって現れてくる、そうなる前に、ケアしておきたいものです。

もちろん、素肌・素手の時は日焼け止めを塗ればいいのですが、暑いこの時期は案外水を使うことも多くて、「防水」の日焼け止めでも気がついたら水で流れてしまって...、ということにもなりがちです。

そんな夏の水仕事、特にガーデニングなど屋外での仕事には、ぜひ、

「濃い色の薄手手袋(裏毛なし)」+「メッシュインナー」

を試してみてください。

手袋をしているだけで日焼けを防げるのでは?と思うのですが、一般に売られている手袋は淡い色合いのものが多くて、しかも厚みが薄いものほど太陽の光を通してしまいます。試しに一度、手袋に太陽の光が当たるところで、手袋の袖口側から中をのぞいてみてください。思いのほか太陽の光が透けて、手袋の中も明るく見えることが分かると思います。

そこで、特に農作業などで長く使われてきた、濃いブルーの手袋「ビニスターマリン(薄手)」をご紹介します。この手袋は、薄手ですが、とてもブルーの色が濃いので、厚さの割に太陽の光が透けにくいです。商品名についている「マリン」というのは、おそらく海の深い青、マリンブルーをイメージしたものなのでしょう。

IMG_1559


そして、薄手タイプは裏毛がありませんので、手に汗をかいても、水で丸洗いしてタオルなどで水分を拭き取れば、すぐに乾きます。午前中の仕事を終えたら、ランチの前に丸洗いして干しておけば、午後の作業もまた快適に始めることができます。裏毛なし手袋のメリットはここですね。

サイズも、めずらしいSSサイズからありますので、手の小さい方にもフィットしやすいですし、お値段も、安いところなら70円台から。まとめ買いすると安くなる通販ショップもあります。通販のほか、ホームセンターや農業資材を扱っているお店などでは、割とポピュラーな手袋です。



もし、厚手の手袋が欲しい時には、このビニスターマリンをはめた上に、厚手や中厚手の手袋をはめる、という方法もあります。微妙なサイズの違いで、どちらもMでジャストフィット、という方もいるでしょうし、下にはめる薄手はS、上にはめる厚手はM、という組み合わせが一番、という方もあると思います。最初は試してみないとわかりませんが、一度ぴったりの組み合わせが見つかれば、次からは同じ組み合わせで買えばいいのです

そして、上にはめる中厚手も、このビニスターマリンシリーズの中厚手なら、ダブルで太陽の光をさえぎってくれます。


ビニスターマリンはトーワ製の手袋ですが、最大手のショーワも同じような手袋「ブルーフィット」を作っています。 商品名に「ブルー」とつくくらいですから、色が特長ですね。


ブルーフィットは薄手だけで、中厚手や厚手はないみたいですね。


そして、夏に手袋をはめて、しかも暑い屋外で、となると、手袋の中も汗だく、となってしまうのですがメッシュのインナーをはめていると、驚くほど汗がおさえられます。メッシュインナーを片方無くしてしまい、片手はインナーあり、もう片手はインナーなしの素手で仕事をしたことがあったのですが、仕事が終わって手袋を外すとき、インナーなしだと手袋の中からダーっと汗が流れてきたのですが、インナーありの手の方は、インナーが湿っていた程度で、その違いにびっくりでした。


メッシュインナーについては、以前書いたこちらを読んでみてください。

下ばき用メッシュ手袋で快適に




では、暑い夏も手の日焼けに気をつけて、爽やかなハッピー・グローブ・ライフを!


手袋選ぶなら薄手?厚手?

こんにちは、グローブスタイルです。

みなさんが手袋を買うときって、どうやって選んでいますか?

価格重視?それとも厚さ?素材(材質)?色、っていう方もいらっしゃるかもしれないですね。

素材やサイズについては、以前エントリーでご紹介しました。

「ゴム手袋」だけどゴム製じゃない・・素材の話
S/M/Lだけじゃない、手袋サイズ選びのポイント

いろいろな選ぶ要素がありますが、今回は「厚さ」のお話です。

ご存知の方も多いかと思いますが、家庭用の手袋は大きく分けて、薄手・中厚手・厚手の3種類があります。手袋のパッケージにも書いてあることが多いですね。

このうち、厚手は最近はあまり人気がないみたいです。コンビニにあるのはたいてい、薄手と中厚手。スーパーなどでも厚手は置いていないところが多くて、グローブスタイルも厚手が欲しい時には通販で買うかホームセンターに行きます。

以前ご紹介した、日本グローブ工業会のホームページでも、
需要の傾向としては年々厚手から中厚手、薄手へとシフトしつつあります。これは手袋の使用目的の中で、「水が冷たいから」のウェイトが以前に比べ減少し、「手荒れ防止」「手の汚れを防ぐ」が拡大していることが反映しているものと思われます。
と書かれていました。

確かに、冷たさを防ぐ、という目的で手袋を使うことは、少ないですね。いつでも暖かいお湯が自由に使えるなら、中厚手でも薄手でも、全く問題ないです。
そして、薄手の手袋は、ほとんどが裏毛のないものなので、お手入れもラク。手袋の内側も丸洗いして、タオルで水分を拭き取れば、あっというまに乾いてしまうので、すぐにまた使えるし、手が汗などで臭くなったりすることもありません。

薄手と、中厚手・厚手の大きな違いは、裏毛のあるなし。薄手でも天然ゴム製を中心に裏毛のあるものはありますが、使った感じは中厚手に近い気がします。

ただ、グローブスタイルは、仕事の安全・安心のために厚手を選ぶことがあります。例えば割ってしまったガラスやお皿の後片付けをする時トイレ掃除やガーデニングなどの時は、薄手の手袋で簡単に手袋に穴があくと、ケガをするかもしれないし、汚れが手袋の中に入ってくると嫌だな、と思うので、厚手を選んだりします。

このほか、手先の感覚がとても大事な作業だと、使い捨てのごく薄いゴム手袋を使うのが便利。ただ、薄いものとはいえ、使い捨てはあまり地球には優しくないし、長さも手首くらいまでしかないものがほとんど。繰り返し使える薄手の利用も考えてみてください。

36671168_10217180019318905_8686293196898041856_n


使う目的に合わせて手袋の厚さを上手に選んで、ハッピー・グローブ・ライフを!

 

共用の手袋ではなくマイ手袋で快適に

こんばんは、グローブスタイルです。

Twitterで見かけたのですが、

スクリーンショット 2018-07-03 20.21.08

スクリーンショット 2018-07-03 20.21.59


スクリーンショット 2018-07-03 20.22.15

ゴム手袋って、多くの人にこういう印象が強くて敬遠されているんじゃないかなぁ、と思いました。

学校の共用の手袋=臭い、汚い、穴が空いている、っていうのは、グローブスタイルもそういう記憶とか印象が残っています。

学校とかの共用の手袋だと、長持ちさせようとするからか厚手や中厚手の裏毛がついた手袋を共用にすることが多くて、それでいろいろな人が、時には汚い素手のままはめて、汗ばんだまま放置されれば、次にはめる人は手が臭くなってもう手袋使うのイヤだ、ってなってしまうんじゃないでしょうか。その上、誰かが穴を開けてしまったのにそのままにしていたら、手袋に水が入って気持ちわるいし、さらにニオイもひどくなるし、何のためにゴム手袋しているんだか、わからなくなりますよね。

グローブスタイルも、小学校の掃除の時間にゴム手袋を使うことがあったんですが、共用のを使う気になれなくて、親にお願いして自分専用のものを買ってもらいました。他の人に使われたら共用と同じになるので、毎回使ったらキレイに洗って自分のロッカーにしまっていたんです。その時に買ってもらったマイ手袋は黄色いエステーの薄手手袋で、今売られている写真のものにとても近いです。その当時から「ファミリー」というシリーズ名だったように思います。

36528642_10217162428279140_4162035502683258880_n

数年前に、この手袋が発売された時は、とても懐かしくて。新品の時の匂いも、昔の記憶と同じでした。

こうしてマイ手袋にすると、手袋を外した手もニオわないし、安心で気持ちよく掃除ができるようになったんです。ほかの人が嫌がるような汚れ仕事でも手袋をはめていれば平気ですし、そうすれば先生に褒められたりして、ますますゴム手袋をはめて掃除をすることが好きになりました。それ以来、必ず自分専用のマイ手袋を用意するようになりましたし、自分専用なので、自分の手にあっていて、材質や厚みが一番合うものを探して選ぶようになりました。

手袋は、薄手なら100円くらい、中厚手なら200〜300円くらいでどこでも手に入るものですから、共用にしないで、自分のもの、マイ手袋を使ってみてください

そうすれば、ご紹介したTwitterで書かれているように手袋を使うことが「いいもんだな」って思っていただける方も増えると思うし、共用の手袋で不快な思いをしたことがトラウマになって、手袋なしで仕事をして手荒れを起こしたりしている方には、こんなに快適なものはない、と思っていただける方もいらっしゃるはず、と思います。

このブログでは、そんな快適なゴム手袋の使い方を少しづつお伝えしていきますので、ぜひ、食わず嫌いにならず、一度「フレッシュな手袋」の良さを実感して頂きたいと思います。

どうしても共用にするなら、丸洗いしてすぐに乾く、裏毛のないものをおすすめします。

では、今日もフレッシュな手袋で、ハッピー・グローブ・ライフを!



手袋の情報源(2)日本グローブ工業会のページ

こんにちは、グローブスタイルです。

先日、ゴムタイムスという専門紙をご紹介しましたが、今日は、手袋メーカーの業界団体である、日本グローブ工業会のページをご紹介します。

スクリーンショット 2018-07-01 16.21.28

この団体、会員企業一覧を見ると、メーカー16社と事務局で構成されているんですね。設立された昭和41年には36社が会員だったと沿革に書かれているので、ずいぶんメーカーの数も減ったのだな、と思います。確かに、グローブスタイルが覚えているメーカーでも、すでに見かけなくなってしまったところがあります。

手袋の種類と特徴の項目は、読んでおくと役にたちますし、歴史の項目は興味深いですね。医療用(手術用)手袋の使い捨て(ディスポ)が当たり前になったのは1960年に入ってからだったことや、家庭用の手袋が一般的になったのは戦後で、最初はゴム製、のちにビニール製が普及して、今ではビニール製がシェアの6割、ということもわかりました。年間で、家庭用・作業用共に1億双以上の国内需要ということですから、日本人のおとな1人が、家庭用も作業用も年に平均して約1双づつは利用している、という数字。

手袋のパッケージについているマークや注意事項についても詳しい説明がありますし、各メーカーのホームページへのリンクもあります。一度目を通しておかれると役に立つことがあるかもしれません。

では、今日も1日ハッピー・グローブ・ライフを。






 

手袋をはめて手荒れのケア

こんにちは、グローブスタイルです。

よくシェアされていたりする方法ですが、手荒れに悩んでいる方に試して頂きたいのが、ハンドクリームと手袋を使ってパックする方法。

手にハンドクリームを塗って、コットン製などご自身にとって刺激の少ない布手袋をはめ、その上に、こちらもご自身にとって刺激の少ない、ゴム・ニトリル・ビニールなどの手袋をはめる、 という方法。裏毛のないものの方が良いかもしれないですね。

この状態で水仕事などの家事をする、という方法がよく言われるのですが、家事中は、荷物が届いたり、子供の世話をしなければいけなかったり、などなど、案外手袋をずっとはめているのが難しく、そうなると、この方法は家事中には向かないなぁ、と。

そこで試すことをお勧めしたいのが、家事中ではなく、寝ている間にこの方法で手荒れをケアすること。

やり方は上に書いた通りで、ベッドに入る前にハンドクリームを手に刷り込んで手袋をはめてから休みます。

36441888_10217143149637186_8037760659984744448_n


手袋の中はちょっと蒸れますが、それが効果的にハンドクリーム成分をお肌に染み込ませてくれます。裏毛のないゴム等の手袋を使い、毎朝、布の手袋とゴムの手袋の両方を洗って干しておけば、夜までには乾いて、手が汗臭くなることもありません。私は、以前ご紹介したメッシュ手袋をインナーとして使っています。

冬の時期には、手先や足先が冷たいと寝付きにくかったりしますが、手袋をしていれば、少なくても手は温かいので、寝付きもよくなるかも。

グローブスタイルの場合、こうして手袋をはめていると包み込まれるような安心感があって、とても寝付きが良くなり、目が冴えて寝付けない時にも手袋をはめたりします。

個人差や慣れの問題も大きいと思いますが、おやすみ用の布手袋とゴム手袋、手荒れや寝付きの悪さに悩まれている方には、一度試していただきたいな、と思っています。

美しい手と快適な睡眠で、ハッピー・グローブ・ライフを。

ギャラリー
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
  • さらっとタッチセミロングを比較してみました
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ